飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

音楽

 和田アキラさん 逝去

(投稿日:

少し前になりますが、今年3月28日にプリズム(PRISM)のギタリスト 和田アキラさんが逝去されました。
久しぶりの音楽ネタですが、今年3月9日にはドラマーの村上“ポンタ”秀一さんも亡くなっており寂しい限りです。。。

 

和田アキラさんはプリズムというフュージョンバンドで活躍されていましたが、私が高校生の頃にプリズムが高山に来たことがあり、友人達に誘われて見に行きました。
その時は「プリズム&森園勝敏」というライブでした。
(森園さんは元プリズムのメンバーで、プリズムを脱退したあとでしたが一緒に高山に来てくれました。)
演奏中心で あまりMCはありませんでしたが、森園さんが高山の町の印象を「渋いゼ!」と言った事を覚えています。
会場は飛騨体育館(現在、ポッポ公園)横に市の図書館があり、その横にあった小さな講堂で行われました。
木造のボロボロの建物でステージも舞台袖も無いような会場(教壇で一段高くなってるだけ)だったので、高校生ながら「よく来てくれたなぁ」と思いました。

席はパイプ椅子を並べただけの自由席だったので友人達と前の方に陣取ったけど、初めて間近で見るプロの演奏の凄さに驚きました。
当時はまだギターテクニック等を解説した本も少ししか無く、TVの音楽番組でもバンドのギタリストが演奏している様子が流れる事はほとんど無かったので、私は音楽を楽しむよりも その演奏テクニックを食い入るように見ていました。
(今はYouTube などで簡単に見ることができるようになったので、良い時代になりましたね。。。)

 

そんな当時、和田アキラさんはギター教則アルバムとして「The Guitar」をリリースされました。
同時に和田アキラさん解説入りの楽曲本(ギター・タブ譜)も出され、アルバムはA面にプリズムの代表曲を新たなアレンジで収録され、B面はギターを抜いたマイナス・ワン・トラックが収録されており、ギターひとりでも演奏を楽しむことができました。
(演奏は渡辺 建 ( b )、村上“ポンタ”秀一( ds )、中村 哲 ( key )などが参加しています。)

村上“ポンタ”秀一さんはプリズムには参加してないけど、当時、井上陽水さんやオフ・コース、山下達郎さんなど多くのアーティストのアルバムに参加しており、いろんなアルバムで村上“ポンタ”秀一さんの名前を見ることができました。
プリズムでは1980年代中頃から木村万作さんがドラムを叩いていますが、現在は小田和正さんのツアーでサポートメンバーとして演奏を聴かせてもらっています。
一度、小田さんのツアーでステージ席が当たり、木村万作さんのすぐ後で演奏を見ることができました♪

 

今は新型コロナの関係で音楽ライブやスポーツ観戦等は規制されていますが、ワクチン接種が拡がってコロナ禍前のように楽しめる日を心待ちにしています。
やっぱり生で楽しみたいですよね。。。


 レコード復活♪

(投稿日:

久々に音楽ネタです。。。(^^ゞ
先日、レコードプレーヤーを購入しました。
フォノイコライザーを内蔵し、Bluetoothでスピーカーに音を飛ばせて、USB出力でパソコンに繋いでレコードをデジタル録音できる機種にしました。

 

実は以前から、昔レコードで聞いていた曲をもう一度聴きたいと思ってたけど、CD化されてないものがあって「チョット時間ができたら、レコードをデジタル化しようかな・・・」と考えてました。
現在は、割と昔のレコードもCD化されていますが、まだ聞きたいけどCD化されていない曲に「今だから」がありました。
これは1985年に松任谷由実・小田和正・財津和夫が出したシングルレコードです。
一応、作詞・作曲は3人で作った事になってますが、以前 財津さんが「自分はほとんどノータッチだったから、全然自分の曲の匂いがしない」というような事を言ってました。
また参加ミュージシャンも凄く豪華です。
坂本龍一・・・キーボード&サウンドプロデューサー
高中正義・・・ギター
高橋幸宏・・・ドラム
後藤次利・・・ベース
というメンバーです。

一緒に、大江千里さんの「未成年」とブライアン・メイ&フレンズの「無敵艦隊スター・フリート!」もデジタル化しました。

 

「未成年」を録音してる時に気がついたんだけど、このアルバムのギターは佐橋 佳幸さんでした♪
佐橋さんは小田さんの「ラブストーリーは突然に」や藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」などのイントロのギターが有名だけど、他にも福山雅治・山下達郎・氷室京介・スキマスイッチなどなど数多くのアーティストから絶大な信頼を得ているスタジオミュージシャンです。(自身も作品をリリースしてます。)
※松たか子さんの旦那さんとしても有名ですね。。。

確かに「未成年」の中の「十人十色」のキャッチーなイントロギターは、佐橋さんらしいですね。
何故かとても得した気分です。。。

 

ブライアン・メイ&フレンズの「無敵艦隊スター・フリート!」は、買ったことすら忘れていたアルバムです。。。(^^ゞ
ブライアン・メイはQUEENのギタリストですが、そのお友達が凄い!
ギター:エドワード・ヴァン・ヘイレン(ヴァン・ヘイレン)
ドラム:アラン・グラッツァー(REOスピードワゴン)
ベース:フィル・チェン(ロッド・スチュワート・バンド)
キーボード:フレッド・マンデル(QUEENツアーサポートメンバー)

このアルバムはブライアン・メイの息子のために作ったものなので、曲としては売れるのを目的としてないみたいだけど、セッション・メンバーが豪華だったので買った1枚です。

 

あと、財津和夫さんのソロコンサートアルバム「The Round About Way」と、柳ジョージ&レイニーウッドの「1981.12.19 LIVE AT BUDOKAN」もデジタル録音しました。
この2枚はライブ録音でMCも入っているため、曲で区切らずに片面ずつぶっ続けでデジタル化しました。

 

デジタル化するのに使用したソフトは Audacity というフリーソフトなんですが、無料でこれだけ使えれば満足ですね。。。
これからも暇を見つけてレコードのデジタル化をしていこうと思います。


 ユーミン Time machine tour Traveling through 45years

(投稿日:

少し前になりますが、昨年12月26日(水)に嫁さんと名古屋へユーミンのツアーを観に行ってきました♪
場所は日本ガイシホールで、10月に行われた小田さんのツアーもここだったんだけど、あの時は駐車場が空いてなくて結構遠くのコインパーキングに駐めました。
今回も近くの駐車場は満車状態だったけど、チョット周辺をグルッと回ってきたら空きが出来てたのでラッキーでした。

17時半開場で、まだ時間があったので嫁さんと喫茶店へ入り軽い食事をとり会場に入りました。
座席に着いて暫くしたら、目の前で座席を探してるご夫婦がいて、よく見ると知り合いのHさんでした。
Hさんとは高校の育友会で一緒に役をやった仲で、2016年の小田さんのツアーで富山へ行った際にもバッタリ会いました!
お互い 夫婦で来てましたが、会場を見渡すと夫婦や私たちくらいの年代も多いけど、若い子も結構いました。
私の隣の席は20代くらいの男性でしたが、終始ノリノリでリズムをとってました。
小田さんや さださん と比べると、年齢層も若くて男性も多い印象でした。

 

18時半開演で、ステージはホールの中央に設置されており、4隅に歯車をデザインした柱が立っており上部にはスピーカーやライトなどが設置されていました。
ユーミンの歌を生で聴くのは2回目で、1回目は東京の帝国劇場で「ユーミン×帝劇」シリーズ第2作「あなたがいたから私がいた」でした。
これは比嘉愛未(コードブルーでお馴染み)主演の劇にユーミンが生で歌うものでしたが、私が観たときは正直言って「ユーミン、声がでてないな・・・」と感じました。
今回はどうかな? っと心配でしたが、帝国劇場の時よりも声が出ており、曲によっては苦しそうな部分もありましたが、それよりもステージの演出が素晴らしくて「観に来て良かった」と思える公演でした♪

今回のツアーはタイトル通り、ユーミンの45年をタイムトラベルする内容で、過去のツアーの演出の再現等もされていました。
それに光の演出が凄く、ステージ中央に円筒状の幕を下ろしてのプロジェクションマッピング、ダンサーの踊り&アクロバット等々、ユーミンの音楽とで視覚&聴覚で楽しめました。

 

ユーミンのコンサートは以前から見たかったけど、全然チケットが取れませんでした。
今回はたまたま、チケットぴあの予約抽選で当たりました♪
チケットのお値段は、小田さん・さださんと同じくらいだったけど、もの凄くお値打ちに感じました♪
小田さんは歌を聴きに行く、さださんは話を聞きに行く、ユーミンはショーを観に行く! という感じでしょうか。
申し訳ないけど個人的には「さださんは、もういいかな・・・。」という感じです。
チケットの値段の割にステージセットも貧弱だし、家でCDを聴いたりNHKの「生さだ」を見るだけで十分かな・・・。
それに比べユーミンは、「また観たい!」と思い、帰りに嫁さんとも車の中で話してました。

 

下の写真は昔買ったユーミンの楽譜で、「松任谷由実 スーパーセレクション」はバンド譜で誰か一緒に演らないかと思ったけど、残念ながら私の周りにはいませんでした。。。
そういえば今回のステージで生音で聴いて、「あ、この曲ってこんなにイイ曲なんだ」と思ったのは「かんらん車」でした。
アルバムで聴いてたときは静かな曲で特に何も感じなかったけど、生で聴いてみて「こんなに大人の洗練された曲なんだ」と驚きがありました。
小田さんの曲でも そういう曲が何曲かあったけど、やっぱり生で聴くのは良いですね。。。