飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

高山祭

 高山祭は神事のみ

(投稿日:

昨日、町内の用事で上三之町(古い町並み)を歩いたのですが、結構お店が閉めてありました。
飛騨牛のにぎりを売ってるお店には、若い子と家族連れで少し列が出来ていましたが、皆マスクをしてない状態で間隔も開けずに並んでいました。
「この中に陽性の人がいたらどうするんだろう!?」と思いました。

 

現金給付30万円は与党内でも不満が出ているようだけど、私も反対です。
以前、リーマンショック後に1万2千円の「定額給付金」が配られたけど、少額だった事もあり非常に不評でした。
今回の30万円給付は本当に困っている人に配りたいとの事だけど、住民税非課税水準とか言ってて難しいと思います。
この緊急事態にはスピード感と分かりやすさが必要なので、国民全員に複数回現金給付をし、その間にマイナンバーカードを普及させて以後は本当に困ってる人だけに給付した方が良いと思います。
国民全員に給付した分については課税対象とし、お金に余裕がある人は税金で減額してもらえば良いと考えます。

課税対象という考え方は、現在、結構言ってる人がいるけど、最初に聞いたのは立憲民主党の枝野氏の発言でした。
もしかしたら最初に枝野氏が言ったので、それと同じ事はやりたくないので30万円の給付方法にしたんじゃないかと思ってしまいます。
もしそうなら、この緊急時に国民を蔑ろにして自分のプライドを優先させるような党は支持できなくなります。
そうじゃないにしても、30万円給付を薦めた自民党の岸田さんは首相候補から脱落ですね。。。

 

さて、今月14・15日開催予定だった春の高山祭ですが、当初は縮小して行うとの事でしたが、昨日 神事のみ行うように変更となりました。
そのため辻の提灯も立てない事となりました。(既に立てたところは、そのままかもしれないけど。)
祭行列も当初は、役員・宮本等だけで日枝神社から本町の山桜神社へ寄って御旅所に直行する予定でしたが、神社で神事だけを行う事となりました。
当然、屋台も出ません。。。

ですので、正直言って観光客の方は高山に来ないで欲しいです。
古い町並みの上三之町をはじめ、高山市の中心部は非常に高齢化が進んでいます。
そこへウイルスを持ち込んで欲しくないのです。
経済をまわすことも大事ですが、人命を第一に考えて欲しいです。
※これは地元の屋台を出したがる人へもお願いです。

辻提灯
祭り区域の境に立てられる辻提灯(2014年撮影)


 春の高山祭も縮小

(投稿日:

高山への観光客はボチボチと来てくれていますが、お金はほとんど使いません。
私の店の3月の売上は、本日(3/29)までを昨年同時期と比較すると七割減でした。
今はまだ蓄えがあるので何とかなってますが、この状態が長く続くと非常にヤバいです。。。

 

経済対策として消費税減税や商品券の配布、現金支給等いろいろ言われていますが、個人的には現金給付が良いと思います。
ただ、方法として複数回行うこと!
1回だけだと貯蓄にまわす人が多いと思うけど、最初から複数回貰えると分かっていれば安心してお金を使えます。
(出来れば1回につき5~10万円くらいを複数回。)

 

収入減少で生活が困難になるおそれがある世帯などに対象を絞った現金給付を行う方針みたいだけど、対象者を選別するのに時間が掛かるので、取りあえず全員給付にするか社会保険の等級で絞って給付を行い(2回程度、国保含む)、その間にマイナンバーカードを普及させ、3回目以降はマイナンバーカード保持者のみを対象として本当に収入が少ない人に給付するようにしたらどうかな!?

消費税減税や商品券の配布は、その後の景気対策として行った方が良いと思います。
いくら消費税を0円にしても、先行きが心配なのでお金を使いません。。。
減税するのなら、取りあえず軽減税率で8%にしているものを0%にする方が良いと思います。

 

春の高山祭も縮小して行う事が決まりました。
祭り好きな人からは「屋台を出したい」という意見もあったようですが、2度とできない訳じゃないので祭りの二日間とも雨が降ったと今回は諦めて下さいませ。。。
これでもし集団感染でも起こしたら、収束後も悪いイメージが付いてしまいます。
収束後に多くの観光客が安心して高山に来てくれるよう今回は我慢しましょう。

下の写真は2014年に撮った陣屋前です。
ここに映っている三台の屋台がカラクリを行うんですが、その時は身動きが取れないほどの人でイッパイになります。
いくら屋外でも人が密集して、上を向いて歓声もあがるのでやっぱり危険ですね。。。

一日も早く、この事態が終息しますように・・・。


 明日から春の高山祭です♪

(投稿日:

3月に聞いた高山の桜の開花予想は4月8日頃だったと思うけど、「それなら祭りの頃はイイ感じになるかな!?」って思ってたら、それから寒い日が続き まだツボミのままです。。。
#下の写真は、宮川沿いの桜です。

同じ宮川沿いに品種の違う早咲きの桜があるんですが、それがやっと数輪咲き始めたばかりです。。。

春の高山祭は日枝神社の例祭なんですが、例祭の一切の行事は宮本が取り仕切っています。
宮本は年番・加役・準加役からなり、神輿組と屋台組からそれぞれ3組ずつ、合計6組で行います。
神輿組・屋台組とも、まず準加役、次の年に加役、その次の年に年番となり責任も重くなっていきます。

祭り行列の最後尾には宮本旗が掲げられていますが、その旗には「須督祭事賡先例」とあります。
読み方は「祭事を督するには須(すべから)く先例を賡(つ)ぐべし」と読みます。

 

この意味を勘違いしている人が氏子の中にも多くいて、「”先例を賡(つ)ぐべし”は前の年と同じ事をやれば良い」と誤って理解している人が結構沢山います。
この宮本旗の意味は、「祭行事を取り仕切るのは宮本で、他の組は口出しせず宮本の指示に従う事を続けなさい。」というような意味になります。

 

宮本は、昔は青龍台組が長い間務めて下さいましたが時代と共に現在のような形になり、祭屋台も最初は祭行列の後ろに数台付いて回ってたのが現在の形になっており、前の年と同じ事を続けているのとは違います。

 

現在、私が所属する組は氏子の中でも最小で、今までも少数組に対する対策を訴えてきましたが解決になるような答えは出ませんでした。
宮本制度は氏子全体が祭りの仕組み等を理解する良い方法だと思うけど、今のままだと組が小さくなると祭に参加できなくなってしまいます。
他の神社では氏子総代が祭を仕切るところもありますが、日枝神社の氏子総代の皆様は拒否されたそうです。

 

ならば個人的には、議長・副議長と宮本の組総代で祭りのやり方等を取り決め、神輿組なら神輿組全体で人足の配分等を行えば良いと考えます。
これなら組が小さくなっても宮本制度は続けられると思いますが、会議では今のやり方に固執しているそうです。
変化することに臆病な人達と、少数組の現状を想像できない人達の集まりなんでしょうか!?
このままでは何年か先には、各組パンクしてしまいそうです。
そうなった場合、固執している人達はどう責任を取るんでしょうか?

 

今年は祭り初日が日曜日で息子が休みなので、初めて裃を着て祭りに参加してもらいます。
#と言っても神社拝殿の留守番ですが・・・。
でも私の組が祭りに参加するのは、これで最後になるかもしれません。。。

前宮司のお孫さんと私の息子は友人で、お孫さんも神社の手伝い等されていて将来はうちの息子も一緒に日枝神社を支えて欲しいと考えていましたが、今のままでは無理ですね。。。

 

祭り好きな人と話していると、「自分は祭りが大好きで一番よく分かっているから、自分の意見が絶対正しい!」と思い込んでる人もいます。
でもよく聞くと想像力が足りておらず、自分の環境の中でしか物事を考えられないようです。

 

祭りを続けていく事が一番大事だと思いますが、固執している人達はそのうち祭りに携われなくなるかもしれません。
パンクするのが先か、固執する人達がいなくなるのが先か!?
どちらにしても誰が責任を取るんでしょうか???