飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 危険!? 宮川護岸

(投稿日:

本日早朝、宮川の一斉清掃がありました。(川岸の草取り。)
これは4月から隔月で、第一日曜日に行われます。
しかし今年は雨天が続き、4月にやったまま8月になってしまいました。
掃除していて気がついたのは、所々に先月の「令和2年7月豪雨」による傷跡です。

写真は中橋下流、上三之町側の護岸です。
石垣の中央に結構すき間が空いてしまっています。

横方向から見ると かなり凹んでいますし、ここ以外のところからも石垣から土が流れ出ている場所が数カ所あるのが分かります。

上記写真の少し下流に柳の木があります。
護岸上の道から撮った写真です。少し分かりにくいですが、木の根元(写真左側)も石がめくれてきています。
先月の豪雨では、この辺りも水没していました。

下の写真は筏橋たもとにある秋葉様(秋葉神社)下の石段ですが、一番下の石段が無くなっています。
多分、写真上部(下流)にある細長い石が、本来、最下段にあった石段だと思われます。

最初の石垣のすき間は町内会長には報告しましたが、今度7月豪雨のような状態になったら、ここから石垣が崩壊する危険があると思います。

 

さて、先日の4連休ですが、この間 地元で有名な割烹料理店のご主人と朝日町(飲み屋街)の居酒屋のご主人と話す機会があったので聞いてみると、「予約キャンセルで全然ダメ」、「悪い!ガッタガタ・・・」との事でした。
割烹のご主人は、「全国的に感染者が増えていて、お店を利用してくれるのは公務員の方とか堅い職業の人が多いので、飲みに行って感染したら何言われるか分からないから・・・」とキャンセルが増えていると言ってました。また大阪で5人以上での飲食を行わないようにと言われ、団体のキャンセルも多いようです。
居酒屋のご主人からは、「地元の人は観光客と一緒になるのを嫌がって来ない。」と言っていました。
それに今は若い人達しか動いてないので、お金を全然使わないようです。。。(地元の人の心配をヨソに、観光客は全然来店しなかったそうです。)

 

「4連休で、GoTo トラベルキャンペーンを利用している人は少ない」と、あるTV番組で政府高官談話として紹介していましたが、利用者が少なくてもキャンペーンを張る事で、多くの人は「移動しても大丈夫なんだ」と思います。
飛騨地方でも初の感染者が出ましたし、連日、感染者数最多更新のニュースも聞きます。
ひとつ不思議なのは、専門家の間でも「インフルエンザより軽い」と言う方がいますが、新型で解らない事が多いのに何故断言できるのでしょうか?
後遺症で苦しんでる方も多いと言う報道もあるので、「インフルエンザより軽い」と言う方には是非、感染者と濃厚接触して頂き家庭内感染まで経験して発言して欲しいと思います。
その方が説得力があると思います。


 四連休

(投稿日:

昨日から始まった四連休ですが、高山には思ったよりも大勢の方が来ています。
車のナンバーを見ると、東京を含む関東・中部・関西と幅広い地域のナンバーを見かけます。
また、来ている人達は20~30代くらいの方が多く、年配の方はほとんど見掛けません。
ただ、若い人達はお金を使わないので、ラーメン店で行列をつくったりしてますが、皆、手ぶらで物販のお店で何か買っている様子は見受けられません。
私の店にも何組もの人が入ってきますが、「あ、カワイイ~♪」「これ欲しい!」とか言うだけで何も買いません。
これはコロナ以前からそうで、家族でも年配のお金を持った人が居ないと何も買わない事がほとんどです。。。
感染が拡大している現在、年配の方たちは動かないのでお金も動きません。

 

あと、店頭には「店内ではマスク着用願います」の案内と手指消毒用のアルコールを置いているのですが、マスクを付けないで入ってくる人も何人も居ます。
そういう人には「店内ではマスク着用でお願いします」と言うのですが、中には「高山は感染者がいないから大丈夫だと思って・・・」と自分がウィルスを運ぶ可能性を考えない人もいます。
ほとんどの人は注意すると「あっ!?」と言ってすぐにマスクを付けてくれますが、昨日一人だけ「ハァ!?」と言って睨みつけてきた女性がいました。もう一度言うとムッとした表情で出て行きました。
連休直前にも 一組のアベックで同じような態度を取った方がいましたが、店の外へ出て女性の方が文句を言ってました。店の外はアーケードがあるのに興奮して傘を差し、「マスクなんか、〇〇〇〇〇・・・」と大声で言ってました。
それから手指消毒用アルコールだけ使って行く人もいます。
こういう人達は来ないで欲しいですね。。。

 

正直言って、表通りを見ていると「こんなに人が移動して大丈夫なのか」と不安になります。。。
感染者数は二週間後に現れると言われているので、8月6日以降が心配です。
昨日、過去最高の感染者数を出した愛知県の大村知事は「警戒して下さい」と言うだけで、小池都知事のように「不要不急の移動は自粛するように」というような事は何も言いませんでした。
高山へは日帰りで来る愛知県民の方が非常に多く、車のナンバーも名古屋・春日井・一宮・豊田・豊橋・岡崎・・・等々たくさん見掛けます。
#これ、今少しの間に表で見掛けたナンバーです。
愛知県は東京由来の感染者が多いようですが、もしかしたら高山は愛知県由来の感染者が出るかもしれません。。。


(午後3時を過ぎ、チョット人が減った上三之町)

田舎へ行くほど高齢者が多く、医療体制も脆弱なのにGoTo トラベルキャンペーンを強行し、実際に与論島ではクラスターが発生したそうです。
立憲民主党の安住氏が「GoTo で感染者が地方で増えたりしたら内閣総辞職に値する」旨の発言をしていたけど、個人的には安住氏は政治家として信用していない嫌いなタイプの人だけど、今回は激しく同意します。。。


 令和2年7月豪雨

(投稿日:

ニュースでも流れましたが、飛騨地方も先日の豪雨で甚大な被害に遭いました。
現在もJR高山線は土砂流入により萩原-高山 間が不通、国道41号線も下呂市小坂町で路面が崩落したため通行止めになっています。
以前だったら、この2つの交通網が止まったら岐阜・名古屋方面とは行き来が出来なくなり大変な事でした。
現在は、東海北陸自動車道は被害に遭わず通っているので助かっています。
しかし2年前の西日本豪雨では東海北陸自動車道とJRで土砂崩れが起こり、国道41号線が命綱となってました。

 

今回、JR高山線の土砂流入は線路が寸断されたようでは無いみたいなので、雨がやんで工事が出来れば何とかなりそうですが、問題は国道41号線で、ニュースでも道路がえぐり取られて崩落してしまった様子が流れましたが、復旧にはかなり時間を要するかもしれないです。

 

下の写真は7月8日の午前10時半頃の宮川(鍛冶橋下流)の様子です。
まだ結構水が多いですが、6時頃と比べると少し水が引いていました。

朝市側から向かいの河川敷を見ると、木屑等が水が引いた後に残されていました。

こちら側の河川敷には、一羽のカモがジッと濁流の川を見ていました。

高山市内でも滝町などで土砂が家の中に流入するなどの災害に遭いましたが、久々野町の舟山では1,000mm以上の雨が降ったそうで、ここの7月の平均降水量は400mmくらいだったと思うので、短期間で倍以上降った事になります。
また舟山の隣りに位置する位山は分水嶺となっており、ここを境に日本海と太平洋に分かれて川の水が流れていきます。
舟山に降った雨は飛騨川に注がれて太平洋に向かいます。
そのため今まで経験したことも無い量の雨が飛騨川に注がれ、国道41号線の崩落をはじめ白川のバックウォーター現象など様々な災害をもたらしたと考えられます。

 

この災害で観光客はまた減りましたが、ホッとした部分もあります。
それは東京をはじめとした首都圏でコロナの感染者数が増えており、岐阜県内でも神奈川・東京へ仕事で行った方が感染しました。
東京で感染者が増え始めた時、小池都知事は「他県への不要不急の移動は自粛願います」と言ったけど撤回してしまいました。
個人的には感染者が増え始めた首都圏は、圏外への移動を自粛して圏内で経済をまわし、感染者がほとんどいなくなった他の地域は その中で経済をまわしていけば良いと思いました。
しかしその後、東京経由の感染者は全国に広がりはじめ、再び緊急事態宣言をしなければならない状態に近づいてきました。

 

GoToキャンペーン(国交省)も「今じゃない」と思うし、レジ袋の有料化(経産省)も今じゃないし統制も取れていない状態です。
あと、病院の経営難に対する厚労省の無策・・・。
GoToキャンペーンによって感染が拡大したら、これは人災です。
政府はどう責任をとるんでしょうか!?

次回の選挙は自民党はダメかもしれない・・・。
かといって、立憲民主をはじめとする野党はもっとダメだし・・・。
ひょっとすると、大阪維新の会が全国区になる日が近いかもしれない・・・。