飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 緊急事態宣言解除で観光客減少

(投稿日:

岐阜県は2月末で緊急事態宣言が解除されましたが、昨日(3/1)の高山市内の様子を見ると明らかに観光客が減っていました。
下の写真は午後1時半頃の上三之町です。
数人の観光客がいるだけです。
隣接する やすがわ商店街も、ほとんど人が歩いていませんでした。

雪が降ると観光客は少ないんですが 1月の後半から道路には雪が無くなったせいか、若者を中心に結構観光客が来ていました。
ただ、千円未満の食事(らーめん等)はするけど、何か物を買うという事はほとんどありませんでした。
ですので土産店の方も、「ただ店に入ってきて、商品をゴチャゴチャにして出て行くだけ・・・。」と言ってました。
歩いてる人たちを見ても、皆、手ぶらでした。

 

では何故 観光客が減ったかと言えば、大手を振って遊びに行けるようになったから・・・。
緊急事態宣言下では、人目を気にして山の中(高山)へ来てたのが、首都圏を除いて行けるようになったからだと思います。

また緊急事態宣言下に来ていた人たちを見ると、「お金が無い人=動きたがる人」という相関関係がありそうな気がします。
前回の緊急事態宣言の時もそうでしたが お金を使わない人が宣言下中も動き回っていて、解除されて少し経ってから お金を使う層の人が動き出しました。
お金がある人は、それなりに能力があって予測や自己判断等 考えることができる人なので収入もあり、「今は動かない方が良い」と判断してジッとしていられる人なので、家で楽しむ方法を考えたりできると思います。
逆にお金が無い人は、「こういう行動をしたら、こうなる」という予測ができなかったり自己抑制が出来ず、それが収入にも反映されている気がします。

 

首都圏では新規感染者数が下げ止まり傾向にあるみたいだけど、いくら飲食店で時短営業しても 日中にあんなに多くの人が動いていたら、そりゃあ下げ止まりすると思います。
新規感染者は家庭内感染や施設内感染が多いみたいだけど、誰かが持ち込まなければ感染しません。
ウィルスは自分では移動できないので、中国みたいに完全に外出禁止にすれば感染拡大は抑えられます。
ただ日本ではそんな事は出来ないので、各自が不要不急の外出をしないように心掛ける必要があるけど、TVで街頭インタビュー等を見てると「こんなに人が多くてビックリです」みたいな発言を顔出しで言ってる人がいて、「マジ!?」と思ってしまいます。

 

どうしたら不要不急の外出をしないように出来るか考えたら、やっぱり動く人ってお金が無い人が多いと思うので、コロナ後は増税される事を明言したらどうかな・・・!?
給付金とか公債発行(借金)で賄っており、10年前の東日本大震災では復興特別税が課せられ、復興特別所得税(2013年から2037年までが施行期間)は所得がある人全員から徴収されています。
「若いから重症化しない」とか、「自分はかからない」とか変な自信を持ってる人とか平気で出歩いてるけど、そうした行為で感染者が増え 自分に税金という形で返ってくることを自覚して欲しいですね。。。
増税を言ったら、今の異常な株価も落ち着くかもしれないですね。。。


 コロナで焼け太り

(投稿日:

高山ではコロナで時短協力要請に伴う協力金1日6万円を貰って、焼け太りしているお店が結構あるそうです。
おばあちゃんが一人でやっていて、今まで一日5千円程度の売上げしかないお店も6万円もらっており、巷では妬みや恨み節が聞こえてきます。。。
実際、コロナ下の現状で観光客も地元の人間も飲みに出歩かない今、一日6万円以上売り上げできるお店って何軒くらいあるんだろう!?
この協力金は飲食店が感染拡大の一因になってるとの考えから、時短営業の協力としてお金が支払われています。
しかし高山では飲食店関係者が他所からコロナを貰ってきた事はあるけど、お客さんから感染したという話は聞いたことありません。
ですので高山市も当初はこの協力金に手を挙げなかったんだと思いますけど、今回のような持続化給付金のような意味合いでお金を貰うのなら、観光関連のお店にもお金を出して欲しいです。

 

「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」というのが出るようですけど、中小法人は上限60万円・個人事業者は上限30万円です。
飲食店から考えると、かなり少ないです。

 

岐阜県も緊急事態宣言が延長されました。大きく分けた美濃地方・飛騨地方で考えれば まだ美濃地方は解除できないかもしれないけど、飛騨地方は関係ない状態です。
だけど県で緊急事態宣言が出されたままなので、常識のある人は観光に来ません。
一昨日の建国記念日や今日(2/13)の土曜日も、ある程度観光客が来ていますが 卒業旅行のような若者が多く、お金を使ってくれる層の方たちは来てないようです。
近所のお店の方に聞いても「ただ、店に入ってくるだけ・・・」との事でした。

 

実は2月11日に嫁さんと二人で下呂へJRで行ってきたんですが、湯ノ島あたりを少し歩いてみたけど 見かけるのは若い子ばかりでした。
土産店などを外から覗いても、お客は入っていませんでした。
帰りの時間前に1軒お土産屋さんに入ったけど、若い子が一人で両手に商品を持って どちらを買おうか迷ってるような様子でしたが、私たちが入店してお店の方がこちらに目が向いた瞬間、若い子はサッと商品を置いて出て行ってしまいました。
こういう買う振りをする若者って、何故かここ一年ほどで急に増えた気がします。
私の店にも何人かこういう若い子が来たことがあるけど、手に商品を持っていて目を離した瞬間に店を出て行くので万引きされたかと思ってドキッとします。すぐ確認すると商品は盗まれてないんだけど、このような行動はやめて欲しいですね。
買わないことに気が引けるのなら、「ありがとう」と言って店を出て行けばイイんです。
そうすれば、お店の人も「また来てね」という気持ちになります。

 

下の写真は飛騨一之宮 水無神社です。
先日、たまたま寄ったら節分祭をしていました。
ただ、交通誘導の係の人もいましたが、参拝者はほとんど居らず閑散としていました。

参拝後、初めて宮峠トンネルを車で走ってみました。
宮 → 久々野へはトンネル内は上り坂で、旧道の峠頂上より1kmほど下ったあたりに出ます。
ですので、久々野側から行くとある程度峠を登ったところからトンネルへ入ります。
でも急カーブの難所は通らないので、事故は減ってくれると思います。


 知事選・国会・コロナ

(投稿日:

岐阜県知事選挙は現職の古田知事の当選で幕を閉じましたが、もしかしたら猫田県議が江崎候補のバックに付かなければ結果は違っていたかもしれません。。。
1974年初当選以来、半世紀近く県議を務め“岐阜政界のドン”と呼ばれる猫田氏に嫌悪感を持つ人もいます。
江崎氏は非常に優秀な人と聞きましたが、もし仮に今回当選してしまったら今後も猫田氏の影響力が保たれることになります。
それを嫌う人が江崎氏を敬遠した可能性があります。
飛騨市では都竹市長が江崎氏への支持を表明し、県議の布俣氏も電話で選挙活動を行い古田氏より票を取りました。
高山市では、両陣営のそうした選挙活動は聞こえてきませんでした。ですので、各自の判断で投票されたと思います。
投票翌日、敗れた江崎氏が岐阜駅前で挨拶をされていましたが、次回の知事選でも立候補してくださったら大勢の支持を集めることができるかもしれません。
#猫田氏は2024年の任期満了で引退されるので・・・。

 

自民党の二階派議員の秘書3人が和歌山市内のカラオケバーで飲酒を伴う会食を行い感染していた件と、松本純国対委員長代理が銀座のクラブをはしごしていた件は、たるんでいると言うか不謹慎と言うか呆れるばかりです。。。
松本議員のはしごの様子を ある番組で動画を流していたけど、それを見ると店から出てきたときに松本議員はマスクをしていませんでした。本人が言ってたように、陳情等の話を聞きに行ったのならマスクを外す必要は無いと思います。
国会で二階幹事長がマスクをアゴまでずらして居眠りしている様子にも驚いたけど、こういう分別が欠如した人が国会議員をしているのは非常に残念です。

国会は全部見ていた訳ではありませんが、たまたま見てたときに立憲民主党の小川淳也議員が質問しており、「立憲民主党にもチャンとした質問ができる人がいるんだ」と思いました。
本当は江田憲司氏の質問を見ようと思ってTVをつけたんだけど、思わぬ収穫でした。
ただ、立憲民主党の江田氏・長妻氏・蓮舫氏の質問も見ましたけど、相変わらず上からの物言いや批判ばかりでガッカリでした。
江田氏については、以前(みんなの党の頃)は期待してたんだけど、いつの間にか普通の野党議員になってしまいましたね。。。

それにしても野党の皆さんは、国会で何故あんなにも「総理お答えください」と言うんでしょうか・・・!?
以前、ある方に聞いたら「地元に帰って、自分は総理に問いただしたという事を自慢したいだけ」と言われて納得した事がありますが、いつまで経っても成長しないですね。。。

 

高山市で2つめの新型コロナのクラスターが発生しました。
今回は2家族の会食によるものだそうですが、それとは関係の無い単発の感染者も出てきているようなので要注意です。
1月29日現在、高山市での感染者数は68例ありますが、その多くは高校でのクラスターです。
高校生といえば 大学入試の2次試験が始まりますが、首都圏の大学を受験する事を躊躇う子もいるようです。
自分が受験に行ってコロナを拾ってこないか・・・、それを家族に感染させてしまわないか・・・!?
地元の大学を志望する子が増えてるそうですが、大学進学をあきらめる子もいるようで悲しい事です。。。
2次試験に関しては、昨年の「勝負の3週間」で感染拡大を抑えていたらと悔やまれます。

 

TVを見ているとかなりいい加減な事を言う人がいます。
つい先日見たものでは「ワクチンは筋肉注射だから効かない!血管注射なら血管を通って肺に届くけど、筋肉注射では届かない!」と熱弁してる人がいましたが、こういう人はTVに出さないで欲しいですね。
レベルの低い人は信じてしまう可能性があります。
レベルが低いと言えば、先週 TVの某報道番組で「(政府の)会見で質問は一つというのはバカげてる」みたいな事を言ってる人がいましたが、最近は会見の様子も中継されることが多く、それを見ていると前の人が質問した内容と全く同じ事を言う記者もいて呆れる事があります。
たぶん質問者は自分の言うことだけしか頭に無く、前の人の質疑を聞いてないんだと思います。
まあ、質問前に所属と氏名を言ってるので「ここの社は能力が低いな・・・」と思って見ています。
こういう事が続くので質問は一つという流れになったんだと思うけど、一部のレベルの低い人のために全体が迷惑を被る事はよくありますね。
今回のコロナに関する事でも、同じ事が言えると思います。

 

下の写真は昨日の中橋です。
薄らと雪をかぶっています。。。

昨日は ほとんど観光客がいませんでしたが、土曜日の今日は通常時の3割程ですが観光客が来ていました。
若い子のグループやカップル、家族連れを見かけましたが、雪が舞う中を薄着で震えながら歩いている人を何人も見かけました。
ただ歩き回ってるだけで お金を使っている様子も無く、無茶な道路横断をしたり大声で騒いだりしていて、岐阜県も緊急事態宣言下なのにそれでもやって来る人たちは「こんなもの」と感じました。
正直言って、こういう人たちは来ないで欲しいです。