飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 新高山市長は田中 明 氏

(投稿日:

一昨日(8/28)行われた高山市長選は元市職員の田中明さんが当選されました。
おめでとうございます。
田中さんの選挙事務所の幹事長は、私と同じ商店街のOさんでしたが知名度など色々苦心されたようです。
今回の選挙結果は以下のようになりました。

▼田中明 1万9815票。
▼益田大輔 1万6140票。
▼藤江久子 5429票。
▼東康弘 4277票。

中日新聞社が選挙日当日に行った出口調査では益田氏が優勢でしたが、最終的に田中さんに軍配が上がりました。
選挙前日に不在者投票に訪れた人は結構多かったそうなので、出口調査と結果が変わったのかもしれません。。。

益田氏優勢の原因をいろいろ聞いてると、自民党の旧統一教会問題も選挙に多少影響しているように感じます。(田中さんは自民・公明 推薦)
また国島市長の路線を引き継ぐみたいな発言も、票が流れた一因になっているようです。
でも田中さんは市職員になる前に総合商社に就職しており、視野が広い点にも期待しています。1カ所しか知らないと、本人は気づかないけど案外世間が狭く一般常識とズレてしまう事があります。
(余談ですが)・・・なので、私の息子には大学時代にいろんなバイトを経験しておいて欲しかったけど、塾講師しかやらなかった事がチョット残念でした。。。(本当は肉体労働やサービス業も経験して欲しかった。)
でも教育学部でもないのに、単位に関係ない講習を受けて斐高へ教育実習に行き、高校の社会の教員免許を取ったのは頑張ったなと感心しました。。。

 

今回2回目の挑戦で惜しくも次点だった益田氏ですが、福岡出身ですが縁あって高山へ来て、1年だけのハズがズッと高山に居てくれています。
地元の者が「高山を良くしたい」と思うのは良くある事だけど、他所から来た人が言ってくれるのは本当に有難い事ですね。。。
飛騨市で大学を作って若者が外へ出て行かないように画策しているけど、私は若いときは他所へ行って様々な経験をして欲しいと考えます。
問題は飛騨に帰ってきても働く場所が無いという事!
折角、大学で勉強してもそれを活かす職場が無いのが問題です。(特に理系。)

また東氏のデジタルを活用する政策は興味がありました。
今問題になっているコロナ新規感染者の全数把握などは、東京都の小池都知事が言ってるようにデジタル化の問題だと思います。
HER-SYS と電子カルテを連動させるのが一番良いのですが、あとはマイナンバーカードを活用すれば名前・性別・年齢・住所等の基本データは読み込むだけで済みますし、ワクチンの接種回数も分かります。
あと個人的には高山で地熱発電ができないかと思っているので、NTT環境エネルギー研究所主任研究員だった東氏をうまく活用できればイイのに・・・と思っています。

 

この記事の冒頭で出てきたOさんから田中さんの事は時折伺っていましたので、とても親近感もあり期待しています。
9月4日から4年間の任期だそうですが、政策に掲げた「強く!優しく!心地よく!」を実現する高山市にして欲しいです。
応援しているので頑張ってください!


 同居する人がコロナに感染したら・・・

(投稿日:

高山市でもコロナ新規感染者数が増えており、昨日(8/18)は過去最高の193人が感染しました。
8月に入ってから昨日までで100人越えは12日もあり、もはや何時何処で誰が感染してもおかしくない状態です。
仮に感染してしまっても、高山の宿泊療養施設は満杯で自宅療養するしかありません。。。

なので、家族などがコロナに感染した場合どうしたら良いか高山市のHPをみたけど、下記のような注意点が載っているだけでした。

1.部屋を分けましょう
2.感染が疑われる家族のお世話はできるだけ限られた方で
3.マスクをつけましょう
4.こまめに手を洗いましょう
5.換気をしましょう
6.手で触れる共有部分を消毒しましょう
7.汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
8.ゴミは密閉して捨てましょう

これでは濃厚接触者の待機期間などは分かりません。
岐阜県のHPで探したら、『自宅療養についてのご案内』(https://www.pref.gifu.lg.jp/page/239521.html)の中に『(2)一般的な注意事項』として次のことが記してありました。

—————————

イ 濃厚接触者となるご家族は自宅待機をお願いします。

感染者の同居家族は原則として濃厚接触者と判断されます。

濃厚接触者は発端となる同居の感染者が発症する等してから5日間の待機が必要となります。ただし、2日目と3日目に抗原定性検査キットを用いた検査で2回続けて陰性が確認できた場合は3日目で待機解除とすることができます。

上記のいずれの場合でも、自宅待機の期間が終了した後も7日間が経過するまでは、自身による健康状態の確認を行うことや会食を控える等の感染対策をお願いします。

【濃厚接触者との最終接触日の考え方】

感染者と最後に接触(マスクなしでの会話、飲食、感染リスクとなる物の共有等)があった日を0日とします。
乳幼児等隔離が困難な方が感染者の場合は、その方の療養終了日が0日になります。

—————————

なるほど、同居家族は原則 濃厚接触者になるけど、2日目と3日目に抗原定性検査キットで2回続けて陰性ならば3日目で待機解除になるんですね。。。
と言うことは、抗原検査キットを最低でも家族人数✕2個分は購入しておく必要があります
抗原検査キットは薬局などに売ってありますが、岐阜県薬剤師会のHPに『医療用抗原検査キット「販売対応」薬局一覧』が載っています。
私は『V・drug 高山中央店』で購入しましたが、店内の調剤コーナーで買うことができます。
価格は1個1,650円(税込)でした。購入に際してお店の方から少し質問がありましたが、既に発熱等の症状が出ている方は医者に掛かってくださいとの事で、無症状の方にしか販売されないようです。

あと問題は食事ですが、我が家では数年前に冷凍庫を購入し肉や魚などを安いときに買って保存するようにしているので、普段から3~4日分の主食はキープしていますが、副食に利用する野菜なども下処理をして冷凍した方が良いと考えます。また乾燥ひじき や高野豆腐などの乾物と、缶詰・レトルト食品類もある程度揃えた方が良さそうです。。。

 

この夏は行動制限がなかったので、お盆の人出はコロナ前くらいありました。(特に13日は多かったです。)
ただ、これだけ混み合ってるのにマスクをしていない人も結構見かけました。
スーパーなどへ買い物に行った際にも見かけましたが、地元の人では知的障害がある方がノーマスクでした。
観光客で店へ入って来てマスクをしてないと注意したけど、知的障害まではいかないけど頭が悪そうな人(ちょっと語弊があるかもしれない)ばかりで、中には注意したら睨み返してくる人もいました。
また咳をしている人も結構見かけました。(中には咳をしてるけどマスクをしてない人もいました。)
小さい子ども達は暑さでマスクをしてない子がほとんどなので、これじゃあ感染拡大しても仕方ないと感じています。

 

コロナ新規感染者は過去最多になり、死亡者数も最多になりました。
相変わらずコロナに後手後手の政府ですが、岸田政権は先日 第2次内閣改造を行いました。旧統一教会との関係については議員個人が説明するとして自民党としては対応しないそうです。
自民党内には「秋になれば国民は忘れる」なんて声もあったようですが、ちょっと驕ってますね。。。
立憲民主党は反自民の受け皿にはならないけど、日本維新の会や国民民主党は可能性があります。

 

コロナ感染者の把握に、全数把握から定点把握への変更が議論されているそうですが、全数把握の問題は入力項目が多いことなのでここを少なくすればイイだけなのではと思います。何なら受診者数と陽性者数だけでも良いかもしれません。(個人的には出来れば年代別の感染者数が分かれば良いけど。)
現在の感染者数を行動の指標にしている人も多いと思うので、一般国民にとっても定点把握よりは全数把握の方が良いと思います。


 安川通り 軍用説

(投稿日:

本日(5/30)の中日新聞 岐阜県版に、私の住んでいる安川通りが載っていました。
記事には
『高山の古い町並み「安川通り」だけなぜ幅広!?』
『駅と乗鞍つなぐ軍用説』
という見出しがありました。

記事の中には私の父が書いた『安川物語』の事も少し書いてあったけど、以前、私が父や安川及び近所の古老たちから聞いた話も軍からの命令による道路の拡張でした。
その中には、この辺りの大地主で元高山市長の土川氏からの話もありました。

終戦直前に、軍から今で言う『セットバック』を自費で行うよう命令されたそうです。
下の地図は安川通りの南側の一部(上二之町~上三之町)だけど、ピンクで薄く色付けしてある箇所が道路として南側へ広げられました。
※地図の数字は番地です。
大体、それまでの道路から5~6mセットバックさせられました。
向かいの北側は、およそ7mくらい下げたみたいです。
それによって現在のような幅員約18m(歩道含む)の道路になりました。

 

では何故、軍が道路を拡張させたかと言うと、私が聞いた話では安川通りで飛行機を発着させる構想があったそうです。
また高山別院を軍の拠点にする計画だったとも聞きました。
※飛行場にする訳では無く、臨時で発着できるように・・・。
新聞に書いてあったように高山駅~乗鞍へ軍の物資を運搬しやすくするためという話も聞きましたが、それだと安川通りだけ広げてもあまり意味が無いように思います。。。
せめて、国分寺通りも同時に拡張しないと物資の運搬は難しいと感じます。
飛行機の離着陸に どれくらいの距離が必要か分からないけど、仮に『ぶんねもん坂』の下りを利用して加速して離陸し、着陸は坂の上りを利用して飛行機を減速させる方法も考えたかもしれません。。。
#実際に世界には、そのように坂を利用した飛行場もあるし・・・。
仮に飛行機の発着に利用する場合、安川通り(鍛冶橋~高山別院前)より東側(大雄寺下辺り)も含めれば500m弱の距離が確保できます。
※大雄寺下までは、安川通りとほぼ同じ道幅になっています。
日本で一番短い滑走路は北海道の弟子屈飛行場(550m、2009年廃止)だったそうなので、坂も利用すれば不可能な話ではないと思います。

 

また先程、『セットバック』を自費で行うよう命令されたと書きましたが、これは家の工事だけでなく土地も国に取られてしまった事も意味します。
現在は国道になっていますが、国からは何の補償も無かったそうです。

 

余談ですが、このセットバックで我が家では風呂が無くなりました。(風呂を無くして店舗部分を確保した。)
私が子供の頃は、近所(下三之町)に鍛冶橋湯と言う銭湯があり、そこへ通っていました。
#鍛冶橋湯さんは、現在の匠館さんの駐車場あたりにありました。

ついでに『安川物語』についてですが、当初は安川商店街の理事長だった方の発案で商店街として発行する予定でしたが、色々あって商店街では出せない事となり、既に原稿もかなり出来ていたため父が自費で出版しました。

もうひとつ、地図の番地ですが道路拡張前から住んでいる家は、そのまま拡張前の安川通りに面した番地を使っているところが多いですが、近年新しく出店されたところは拡張後の安川通りに面した番地を使ってたりするので紛らわしいです。
(番地で『○○-△』の場合、『-△』は省いて『○○番地』と昔から言っています。)
実は近所のラーメン屋さん(大家さん宅含む)は、出店の際に私の番地と一緒になってしまいました。
郵便配達の方が ラーメン屋さんは店名で判断できるけど、大家さん宅は分からず数人の配達員の方から「この住所のお宅はどこですか?」と訊かれました。

 

確実に分かっているのは安川通りの拡張は軍の命令であり、それに伴う補償は何も無かったという事です。。。