飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 新型コロナの影響

(投稿日:

新型コロナウィルスの影響ですが、高山では観光客が減ったけど全くいない訳ではありません。
卒業旅行の大学生をはじめ、思ってたより来てくれています。。。
写真は午後1時半頃の上三之町です。

外国人観光客(中国人除く)も減ってはいるけど連休や土日曜日は元々少なく、一昨日の金曜日はフランス人をはじめ、まあまあ来て下さってました。

 

ところで2月29日(金)朝、TVで「羽鳥慎一モーニングショー」を見てたら白鴎大学の岡田晴恵教授が、「国立感染症研究所のOBが、データを独占するために民間に検査を委託させないようにしている」旨を暴露されました。
それによれば、「(岡田教授が)先生方に訊いたらこれはテリトリー争いで、このデータは凄く貴重。衛生研から上がってきたデータを全部感染研が掌握する。それでこのデータを感染研が全部持っていたいと言うOBがいる」という内容でした。
岡田教授は元・厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員なので、発言するときの表情等を見ていても信憑性がありそうな気がします。
何よりこの発言で、いろんな事が腑に落ちました。。。
・何故PCR検査が韓国より圧倒的に少ないのか。
・何故、医者がPCR検査を必要と判断しても保健所で断られるのか。
・保健所の所長も検査をしてやりたいが現状できないのは何故か。
・何故、民間の検査では精度が落ちると言ってやらせないのか。
・厚労省の対応は、なぜこんなに遅れるのか。
等々・・・。
今回のデータを独占したいという事で納得がいきました。
論文とか業績とか自分の利益のために、国民を犠牲にするのはやめて欲しいですね。
(追記:
あと、2月中頃にある方がおっしゃってましたが、「厚労省は専門家の意見を聞かないで、官僚主導でやりたがる」と聞きました。これも厚労省の対応が後手後手になる原因と納得しました。)

 

安倍総理の全国一斉休校のお願いは急すぎて戸惑う方も多いと思いますが、厚労省の対応の遅さが原因だと思います。
ここ1~2週間が正念場というところまで放っていたため、「もう厚労省には任せられない」という判断で安倍総理が出てきたんだと思います。
それは感染症対策本部で安倍総理が発言している横の加藤厚労大臣の顔を見てれば想像できます。

休校は強制力は無いため各自治体で判断すれば良いことなんですが、その反応を見ていると「この首長は危機管理能力が無いな・・・」と感じる人が数人いました。
日本で感染者数が少ないのは検査をしていないからで、アメリカでも市中感染が確認されているのに、「感染者が出ていないから休校の必要ない」と言う人はあまり賢くないと思います。
現に高知県で初感染者がでたけど、大阪でのコンサート鑑賞が原因じゃないかと報じられています。
一番酷いなと思ったのは金沢市長で、石川県内に感染者がおり春節の際は大勢の中国人も来ていたのに、「社会実験」と言って批判するのは危機意識が欠如している気がします。検査していないから判明していないだけで、潜在的な感染者はいるかもしれません。
金沢市こそ、独自にもっと早く手を打った方が良かったんじゃないかと思います。

 

さっきTVで「そこまで言って委員会」を見てたら、辛坊治郎さんが感染者数のグラフで「急激な山の方が沈静化するのが早いから、そっちの方がいい・・・」って言ってたけど、これは大間違いで「急激な山」と「なだらかな山」のグラフを比較すると比率が違っていて、実際は急激な山の方がもっと飛び抜けて高くなります。
そうなると医療体制が崩壊してしまい、新型コロナウィルス以外の患者さんも犠牲になってしまいます。
辛坊さんは他の病気の患者さんのことは考えてないんじゃないかな・・・!?
あと、医療従事者の事も・・・。

 

新型コロナウィルスは、その名の通り初めてのウィルスなので分かってないことが沢山あります。
でも、デマの中には明らかにおかしいものも幾つかあります。
変な噂に振り回されないよう気をつけたいと思います。。。


 観光客いっぱいデス!

(投稿日:

今朝、中日新聞を見たら一面に「3連休初日 高山ひっそり」と出てました。
新型コロナウィルスの影響で「旅行自粛モード」とも書いてありました。
22日午前と記された上三之町の写真も載ってましたが、「これは何時に取材したの?」って思いました。
昨日の早朝は雪も降ってて観光客も静かだったけど、10時頃に宮川朝市の前を通ったら観光客でイッパイでした。
近所の人で新聞を見た人も「結構、人が来てたよね」と言い、私の店でも外国人観光客はいなかったけど日本人観光客が大勢来てくれました。
今日(2/23)も、とても人が沢山来てくれてます。
写真は15時半頃の上三之町ですが、チョット写りが悪いけど人がイッパイでした。


普通、宿泊施設のチェックインが始まる15時頃から人が減るんですが、まだ大勢の人が歩いていました。
新聞には「風評被害も懸念」なんて書いてあったけど、「悪い噂を自分が流してるんじゃないの!?」って思いました。

新型コロナウィルスといえば、厚労省の対応がイマイチですね。。。
昨日もクルーズ船から下船の乗客23人がウィルス検査漏れで、加藤厚生労働大臣が謝罪してました。
何だか役人の質が落ちてる気がします。。。
もちろんシッカリやってくださってる方がほとんどなんですけど、一部の人のミスで「お役所仕事だ」とか「怠慢だ」とか全体に向かって文句を言われるので気を引き締めて欲しいですね。。。

 

「お役所仕事」と言えば、昨年からPCB使用安定器の調査が行われていますが、私の店にも数回調査書が来たけど要領の悪いものでした。
正直、一番最初に来た案内は無視しました。。。
昭和52年(1977年)3月以前に建築された建物にはPCB使用安定器が設置されている可能性が有り、期限内に処分しないと処分施設が無くなるため永久に処分することが出来なくなるそうです。
送られてくる度に段々と調査書の内容は整ってきましたが、私の店では父が亡くなり母も記憶も曖昧で安定器のラベルも経年劣化で読み取れないため「不明」として回答してました。
しかしその後、同時期に設置した安定器の中にラベルが読めるものが出てきたので調べたら、PCBは使用していないと分かりました。

 

しかしこれを高齢者だけのお店で調べるというのは、非常に難しいと思います。
私の所属する商店街でも高齢化が進んでおり、調べようと思ってもどうしたら良いか分からないお店もありそうです。
調査書には照明器具のカバーを外してラベルを確認し判別して下さいと書いてあるけど、ラベルが読めなかったり、高いところに付いている照明器具のカバーは、お年寄りだけでは外せません。。。
調査書には「処分期間を過ぎても保有している場合は3年以下の懲役もしくは一千万円以下の罰金」という旨が記されていますが、そんな脅しを書いても無理だと思います。
それよりも街の電気屋さんに依頼して、「分からない場合は、こちらの電気屋さんにご依頼下さい」等の案内を行った方が良いと思います。
今回の調査は県から来ていますが、調査対象者には高齢者もいるというのは十分に予測できる事なのに、あまり賢くないなと感じました。

 

役人になるためには試験を受けているはずで、それなりに良い学校も出てると思いますが、「勉強ができる」=「仕事ができる」では無いと改めて感じました。。。


 マナーが悪いのは!?

(投稿日:

1月も半ばを過ぎましたが、今年も今のところ雪がほとんど無い冬を過ごしています。
昨日の二十四日市も、この時期としては暖かくて「荒れる二十四日市」の雰囲気はありませんでした。
だけど暖冬だと、生活する上ではとてもありがたいです。
雪による事故も起きないし、灯油や電気代など光熱費が抑えられ家計も助かります。
昨年も暖冬だったけど 高山について言えば、その前は雪が多い年が続いていて正直ホッとしています。

さて、正月明けに近所の土産物屋の方が店の前を掃除してたので聞いてみると、観光客がソフトクリームを落としていったそうです。
他にも商品の間に「牛まん」の下に敷いてある紙を突っ込んであったそうです。
私の店でも表に出してる商品台のところに、ビールの空き缶にタバコの吸い殻を入れたものが置いてあったり、植栽のところに 団子の串が数本刺してあったり、コンビニのおにぎりの包装が商品代の下に隠すように捨てられたりしてました。

 

これらは大概、日本人観光客の仕業です。
中国人もマナーが悪いけど、彼らは道端にポイッと捨てていきます。
こういうマナーの悪い日本人が来るのは大体決まっていて、正月、GW、お盆、土日祝祭日ですね。
要はカレンダー通りの休みが貰える人が来たときに起こります。
#もちろん、チャンとしたマナーの人がほとんどですが・・・。

 

平日にも日本人観光客は来てくれますが、そういう方はサービス業等で土日休みじゃない方が多く、普段は自分が接客やサービスを行ってる方達なので自分がやられて嫌なことは基本しないですよね。。。
欧米の方達はゴミを手に持ったまま歩いている方もいて、私の店で買って下さった方からはゴミを貰って処分するようにしています。

 

以前から「いつから日本人はこんなにマナーが悪くなったんだろう」と考えていましたが、最近気がついたのは「あ、観光客が来るようになってからだ・・・。って事は、単純に昔からマナーの悪い人はいて、そういう人達が高山に来るようになったから・・・。」と思いました。
昔は地元のお客さんしかなく、大体どこの人ってのが分かるから行儀悪いことはしなかったですね。
ただ地元でも悪い人はたまに居て、有名だったから気をつけてた事を思い出しました。
でも個人が特定できるというのは大事なことで、ネット社会が誹謗中傷で品のない発言が多いのは匿名性が高いからですね。
事件になればIPアドレスを辿って個人を特定することができるけど、誰か分からないからといってあまりにも酷いことを好き勝手言うのは品がないですね。。。

 

品がないと言えば先日、久しぶりにフ〇テレビのバ〇キングを見たけど、相変わらず酷かった。
新聞のテレビ欄に辛坊治郎さんの名前があったので見てみたけど、パネルを見て断定的なことを言い放つ楠〇枝里子、石〇てる美さんには失望しました。
でも匿名発言ではないし、TVで発言することの意味を分かって言っていると思うので何があっても自業自得ですね。。。
ただこの番組、タイトルに「生ホンネトークバラエティ」と付いてて、バラエティと言って逃げ道を作ってます。
この番組が始まった当初数回見たけど、人の悪口を言って楽しんでるような感じだったので他局を見るようになりました。
その頃の方がまだバラエティ色が強かったと感じますが、個人的に司会の坂〇忍さん自体のキャラに好感が持てないので もう見ることもないですね。。。

 

話は変わりますが、私の愛読書にビッグコミックオリジナルというマンガ雑誌があります。
水島新司氏の「あぶさん」がきっかけで高校の頃から読み始めたけど、かなり長い付き合いになります。
私は他にもマンガ雑誌を読んでますが、雑誌のほとんどが 好きなものだけ読んで全然読まないマンガもあります。でもビッグコミックオリジナルは、一冊全マンガ隅から隅まで読んでます。
最近特に気になるのは「しっぽの声」というマンガで、ペットと人間との関わりについて考えさせられるものですが、ペットを抜きにしても人間の行為としてどうなのと考える内容でもあります。
今週号の中には、「嘘を教えて、多くの人がそれを信じてしまったら、嘘が本当になってしまう」という事が書いてありました。(これを見たとき、韓国の反日教育を思い出しました。)
また以前にはプラスチックゴミの問題を取り上げてましたが、その中で「学校では食事中には立って歩かない」という事が教えられているのに食べ歩きしてゴミをポイ捨てする人がいる問題が書いてありました。
高山へも多くの学校が修学旅行で訪れてくれますが、「歩きながら食べない!」と先生が注意しているのを見たのは過去2回だけです。
歩きながら食べるという行為は、行儀が悪いという事を再認識して欲しいですね。
そうすれば食べ物をこぼして迷惑をかけたり、食べ終わった後のゴミ処理に困ることもなくなります。。。

 

高山にはたくさんの外国人観光客が来て下さり 私の店でも買ってくれますが、商品をレジ袋に入れようとすると「No」と言われる方も多いです。
昨年、日本語が達者な自称インド人(見た目は欧米人!?)の方も、「袋は要らない」と言われました。
そして「何故、袋に入れるのか?」と問われたので「袋に入れることで持って歩きやすいし、商品を買った証になる」と答えました。
すると「これが捨てられて海が汚れているのを知っていますか?」と言ってきたので、「プラスチックゴミの問題は知ってますけど、あなたはこれをゴミ箱に捨てないで道端に捨てるんですか?」と聞いたら黙ってしまいました。

 

ついでに環境問題を叫んでいるグレタさん、若いから発言が取り上げられているけど言ってる事や態度は結構乱暴ですね。。。
「化石燃料の使用を今すぐ中止しろ」なんて、多くの人が生活に支障をきたしてしまいます。
彼女の言動に賛同する若者もいるようですが、どこまで理解して賛同しているのか疑問です。。。
今後、成人しても対案も出さず現状を理解しないまま反対を唱えるだけでは、賛同を得られなくなってしまいますね。

TV・新聞・ネット・・・、情報がありすぎて自分で取捨選択しなければならない世の中ですね。。。