飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 令和2年7月豪雨

(投稿日:

ニュースでも流れましたが、飛騨地方も先日の豪雨で甚大な被害に遭いました。
現在もJR高山線は土砂流入により萩原-高山 間が不通、国道41号線も下呂市小坂町で路面が崩落したため通行止めになっています。
以前だったら、この2つの交通網が止まったら岐阜・名古屋方面とは行き来が出来なくなり大変な事でした。
現在は、東海北陸自動車道は被害に遭わず通っているので助かっています。
しかし2年前の西日本豪雨では東海北陸自動車道とJRで土砂崩れが起こり、国道41号線が命綱となってました。

 

今回、JR高山線の土砂流入は線路が寸断されたようでは無いみたいなので、雨がやんで工事が出来れば何とかなりそうですが、問題は国道41号線で、ニュースでも道路がえぐり取られて崩落してしまった様子が流れましたが、復旧にはかなり時間を要するかもしれないです。

 

下の写真は7月8日の午前10時半頃の宮川(鍛冶橋下流)の様子です。
まだ結構水が多いですが、6時頃と比べると少し水が引いていました。

朝市側から向かいの河川敷を見ると、木屑等が水が引いた後に残されていました。

こちら側の河川敷には、一羽のカモがジッと濁流の川を見ていました。

高山市内でも滝町などで土砂が家の中に流入するなどの災害に遭いましたが、久々野町の舟山では1,000mm以上の雨が降ったそうで、ここの7月の平均降水量は400mmくらいだったと思うので、短期間で倍以上降った事になります。
また舟山の隣りに位置する位山は分水嶺となっており、ここを境に日本海と太平洋に分かれて川の水が流れていきます。
舟山に降った雨は飛騨川に注がれて太平洋に向かいます。
そのため今まで経験したことも無い量の雨が飛騨川に注がれ、国道41号線の崩落をはじめ白川のバックウォーター現象など様々な災害をもたらしたと考えられます。

 

この災害で観光客はまた減りましたが、ホッとした部分もあります。
それは東京をはじめとした首都圏でコロナの感染者数が増えており、岐阜県内でも神奈川・東京へ仕事で行った方が感染しました。
東京で感染者が増え始めた時、小池都知事は「他県への不要不急の移動は自粛願います」と言ったけど撤回してしまいました。
個人的には感染者が増え始めた首都圏は、圏外への移動を自粛して圏内で経済をまわし、感染者がほとんどいなくなった他の地域は その中で経済をまわしていけば良いと思いました。
しかしその後、東京経由の感染者は全国に広がりはじめ、再び緊急事態宣言をしなければならない状態に近づいてきました。

 

GoToキャンペーン(国交省)も「今じゃない」と思うし、レジ袋の有料化(経産省)も今じゃないし統制も取れていない状態です。
あと、病院の経営難に対する厚労省の無策・・・。
GoToキャンペーンによって感染が拡大したら、これは人災です。
政府はどう責任をとるんでしょうか!?

次回の選挙は自民党はダメかもしれない・・・。
かといって、立憲民主をはじめとする野党はもっとダメだし・・・。
ひょっとすると、大阪維新の会が全国区になる日が近いかもしれない・・・。


 移動自粛解除

(投稿日:

昨日(6月19日)、県をまたぐ移動の自粛が解除されました。
おかげで今日は、多くの観光客が来ています。
お昼近くには、我が家の前は車による渋滞が起きました。
下の写真は午後3時頃の上三之町です。
2時頃から人も車も減ってきましたが、まだ結構観光客が残っています。

正直言って、解除になって多くの人が訪れる事に不安もありましたが、やっぱり強制力が無くても自粛できる人達はマスクもチャンと付けている人が多いです。
今まで来た観光客はマスクをしてない人も結構いて、何回か注意した事もありました。
(今日は若者一組だけです。。。)
何よりもお金を使ってくれる人達が来てくれるのが嬉しいです。
自粛中(緊急事態宣言中含む)に来た人達は、マナーも悪いし金も使わない・・・。
挙げ句の果てには、あら探しをして悪口を言って出て行く人も多かったです。
なので、近所のお店では6月になって一回お店を開けたけど、また閉めてしまったところも多くありました。
言葉遣いからすると、名古屋弁の人が多かったですね。。。

 

名古屋と言えば、愛知県の大村知事は何を考えてるんだろう!?
大阪を「医療崩壊した」と言ったり、名古屋市を提訴したり・・・。
それに私の記憶では緊急事態宣言で名古屋飛ばしがあった際には、当初は東海地方のワイドショー番組で「指定されなくて良かった」的な発言をしてたけど、TV局で愛知県民にインタビューすると殆どが「心配だから指定された方が良い」という意見で、それから発言内容が変わってきました。
大阪のことを貶したのは、吉村知事を妬んでの事だと思います。こういう人は、小池都知事のように受け流して相手にしないのが一番ですね。
また、高須院長が県議会に大村知事不信任決議を求める請願書提出したそうだけど、私も支持します。。。
「県外の人は関係ない」という発言もあるけど、河村市長が言うように国のお金も使われているので無関係では無いと考えます。
迷走中の大村知事は、リコールされた方が良いと思います。。。

 

話しは変わりますが、7月からレジ袋が有料化されます。
前にも書いたけど私はこの件については反対で、環境等の事を言うのなら まずペットボトルを何とかすべきだと思います。
また、今のコロナでバタバタしている時にやらないで欲しいですね。。。
レジ袋の規定を読むと、スーパーやコンビニの袋以外の ほとんどのお店の袋が対象になります。
経産省も、チョット考えて欲しいですね。。。


 6月になったけど・・・

(投稿日:

6月になって私の店も再開しましたが、通りにはほとんど人が歩いていません。。。
近所のお土産屋さんも、本当は今日から再開する予定だったけど、チョット予定を早めて昨日・一昨日の土日曜日から開けたそうです。
しかし売上は全然ダメで、そのうえ観光客の子どもが商品を触りまくってグチャグチャにしていったそうです。
人通りも少ないし、取りあえず県境越えの移動ができる6月19日まで再度休業するそうです。
上三之町沿いのお店も、以前見た時は今日から再開する案内が貼ってあるところが多かったけど、やっぱりほとんど休んだままです。。。
下の写真は、今日の上三之町です。

ところで、前の記事で持続化給付金やマスクが届いてない旨を書きましたが、書いた途端に振り込まれました。(マスクも届きました。)
西村担当相も言ってましたが、5月1日の申請者数があまりにも多くて不手際があったと・・・。
しかし何だか申請処理を請け負ったところに問題があるようですね・・・。
請け負ったところが下請けに回して、お金だけ吸い取るようなところがあるようです。
毎日、不安な気持ちで振込を待ってる人が大勢いるのに馬鹿にしてますね。
私のところは5月26日に振り込まれていて、今日、振込の通知ハガキが届きました。
結局、5月1日の夕方に申請して、赤枠の内容が変わったのが18日、25日に赤枠が消えて26日に振り込まれました。

でも振り込まれるのは遅かったけど、現状を考えるとこのお金は非常にありがたいです。
心配なのは、この状態がいつまで続くのか・・・。