飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 高山の観光客

(投稿日:

先週の4連休は高山も結構混んでいました。
私の店の前も渋滞までいかないけど、ずっと車が繋がっていました。
現在、東京を中心にコロナ感染者が大きく増加しているので、お盆の代わりにこの4連休で帰省された方もいたようです。
この土日曜日も、4連休ほどではないけど大勢の人が来ています。
「観光客が大勢来るようになって良かったね」と言う人もいますが、正直言って感染拡大中に動くような人はお金を使いません。(使えない!?)
賢い人は動きません。そういう人は仕事もできるので お金を持ってるけど、動かないので観光客相手の物販のお店は全然売れません。。。
(近所の土産店の人達も、全然ダメと言ってます。)
調べれば お金を持ってる人と持ってない人で、コロナ禍の行動に相関関係が出来ると思います。

下の写真は昨日(7/31)土曜日の14時半頃の上三之町です。

 

心配なのは高山へ観光に来たとき(またはその帰り)に調子が悪くなって、帰って検査したらコロナだったと言う人が何人かいるそうです。
古い町並みや商店街を通る人を見ていても、マスクを外して歩きながら飲み食いし、大きい声で談笑している若者をよく見掛けます。
なので、町内の中には「怖くて外へ出られない」と言ってる方もみえます。。。
V-RESASで飛騨地区へ県を跨いで移動してくる人の構成比は、昨年7月第3週でみると緊急事態・まん延防止都道府県から62%の人が来ています。その多くは愛知県が占めていますが、愛知はまたコロナ感染者が増えており、愛知(名古屋)が増えると高山へも飛び火してくる事が多いので要注意です。
ちなみに高山の感染者は久しぶりに先週1人出ただけですが、GWの時も後で感染者が増えたので4連休後・お盆後気をつけたいですね。。。

 

高山市では8月2日から64歳以下の基礎疾患がある人へのワクチン集団接種が始まります。
ちなみに我が家では、母親(高齢者)と嫁さん(医療従事者)のワクチン接種は2回終わっています。
私も基礎疾患で1回目のワクチンを掛かり付けのクリニックで打ってもらいました。
息子はまだですが、高齢者の集団接種の際にビッグアリーナへ手伝いに行きましたが、高山の人は予約通りにチャンと来るのでワクチンが余って打って貰う事は無かったようです。。。

 

やっぱり、みんなが安全・安心して行動できるようにならないと、経済はまわらないですね。


 オリンピックもオンライン!?

(投稿日:

東京オリンピックの開催が迫ってきましたが、ここに来て東京・埼玉・千葉・神奈川の1都3県のほか、北海道・福島なども無観客で行われるそうです。
アスリートの中には「無観客ならオリンピックに参加しない」と表明した方も見えますが、その気持ちも理解できます。。。
やっぱりアスリートとしては、良いプレイや良いパフォーマンスをした時の観客の歓声というのは もの凄いモチベーションになるし、応援してくれる声というのは「力」になります。

 

現在、仕事等でオンラインが推奨されていますが、オリンピックの声援もオンラインで行ったらどうかと思います。
会場でパネルに観客の顔を映し出し、声援をマイクを通してアスリートに届けるだけでも「力」になると思います。
無観客の場合、こういうオンラインシステムを利用するという事を決めていれば、観戦チケット代よりは安価になるけど声援チケットとして売り出す事もできたと考えます。
(チケットは個人又は同居する家族で1枚。)
今からでは売り出す事はできないので、アスリートの身内や応援している組織等だけでもオンラインでLIVE で声援を届けられたら良いと思います。

 

もしかしたらオンライン声援という方法を役人の中でも思いついた方がいたかもしれませんが、菅政権では進言しなかったかもしれないですね。。。
菅総理に進言しても、総理と意見が違うと飛ばされてしまうので知らん顔してるのが得策だと考えるでしょう。
やっぱり政治家主導よりも官僚主導に戻した方が良いかもしれないですね。。。
政治家は何故か「自分はできる!」と根拠の無い自信を持ってる人が多いので、過った道に進みやすいです。

 

今言われているワクチン不足問題も、接種回数を増やせと言われて増やしたらワクチンが届かないって梯子を外された状態で困っている自治体も多いです。
イギリスのように「取りあえず1回接種の人数を増やす」という方針を出せば良かったのに、「希望する人数分のワクチンは入ります」と言うだけで、2回目の接種の事を考えずに「市区町村にワクチンのストックが余っているハズ」と言うのはチョットお粗末ですね。
先日、韓国でワクチンが足りなくて2回目を違うメーカーのワクチンを打っているというニュースがありましたが、ある報道番組でちょうど河野大臣が出演していて、「日本ではそんな事は絶対にない」と半笑いで韓国を小馬鹿にした顔で言ってたけど、今は逆に韓国に笑われているでしょうね。。。

 

話はオリンピックに戻りますが、私個人としてはオリンピック開催は賛成です。
当初はオリンピック自体に興味が無かったんですが、昨年、体操の内村選手が国際親善大会閉会セレモニーのスピーチで「”できない”じゃなくて”どうやったらできるか”をみんなで考えて、どうにかできるように、そういう方向に考えを変えてほしいと思います。」という発言を聞いて とても心を動かされました。

オリンピックは開催されることとなりましたが、ボランティアの方へのワクチン接種が遅れるなど、やはり全てが遅いです。
東京を4回目の緊急事態宣言する事を菅総理は「先手を打って・・・」と言いましたが、この言葉に違和感を覚えた人も多かったんじゃないでしょうか。
先日の都議選で自民党が思ったほど伸びなかったのは、小池さんの策略もあるかもしれないけど、菅政権への不信感の表れも大きいと思います。


 高山市 64歳以下のワクチン接種

(投稿日:

高山市では64歳以下のワクチン接種は8月1日以降と発表がありました。
正直、7月中には接種が始まると思っていたので、ガッカリです。。。
何故なら、夏休みに入れば観光客が多数来ることが予想され、またワクチン接種が始まってからマスクをしない人 又はあごマスクの人が増えたため感染リスクが高まっているからです。
ワクチン接種が始まって以降、道を歩いていても日に日にマスクをしていない人が増えているのが分かります。
店に来た観光客にマスクをしない理由を聞いてみたら、「年寄りはワクチンを打って大丈夫になったから・・・」との事でした。
あと、ワクチン接種した年配の方にも「もうマスクしなくても大丈夫」と勘違いされてる人が結構いますね。。。(これは地元の人)
「接種後もマスクをした方が良い」というのはTV番組を見ていても専門家の方は言ってますが、政府からのお願いは聞いたことがありません。
厚労省のHPを見ても、「Q&A」に少し書いてあるだけです。
今後、ワクチン接種者と未接種者が混在しますが、中には未接種でも「接種した」と嘘を言ってマスクをしない人が必ず出てきます。
政府はワクチンパスポートであったり、集団免疫が獲得されたと判断されるまではマスク着用をお願いすべきだと思います。
今の政府で足りていないのは、「国民に対するお願い」だと感じています。

 

それから市内でも職域接種を申請している団体がありますが、個人で観光客に接している人達の事も考えて欲しいです。
商店街であったり上三之町など観光中心地では高齢化が進んでいるので65歳以上の方が多くいらっしゃいますが、64歳以下も少なからずいます。
ただ、商店街ではお店によって地元の方を相手にしているところもあり、そういったお店では現在の観光客相手のお店の大変さが解らないようです。。。
そういう状態なので、職域接種を申請しようという声は聞こえてきません。

 

高山市では当初、旧郡部からワクチン接種を始めましたが、今度は観光客を相手にすることも考えて観光中心部・観光客宿泊地を先行して欲しいですね。
どうしても難しかったら、6月末からクーポン券(接種券)が発送されるそうなので、東京か大阪へ行って接種しようかとも考えています。
我が家では、私の母親(80代)と嫁さん(医療従事者)は1回目の接種は終わっていますが、私と息子(公務員)はまだです。
仮に、観光客と多く接する私がコロナに感染し息子にも うつった場合、息子の職場にも迷惑を掛けてしまいます。
あとは 息子の職場で職域接種を行い、その家族も接種できたらありがたいかな・・・。

でもやっぱり一番は、観光客に接する人達に対して優先して接種してもらえると嬉しいです。。。