飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

雑記

 持続化給付金は!?

(投稿日:

5月1日からオンライン申請(オンラインしかできない)が始まった持続化給付金ですが、2週間ほどで振り込まれるハズが未だに振り込まれていない人が大勢います。
私も5月1日に申請したのですが、昼間はアクセスが集中したためか全然繋がらず、夕方5時半頃になってやっとで申請できました。
しかし5月24日現在、振り込まれていません。。。
ネットを見ていると、1日に申請して振り込まれてない人は結構多く、2日以降の申請で振り込まれた方が大勢います。
中には8日に申請して18日に振り込まれた人も・・・。

 

当初は申請内容の確認画面から修正できるとしてあったけど修正できず・・・。
不備があったら修正メールを送るとあったけど、メールも来ず・・・。

ネットで調べてたら赤枠と呼ばれる部分が変更になったら多少進捗しているそうですが、私の赤枠が変わったのは18日でした。
と言う事は、二週間以上ほったらかし状態だったって事になります!?

ネットを見ていると、給付通知が来る前に振り込まれてた人もいるみたいなので、毎日通帳の書き込みに行って振り込まれてない事がわかると「心が折れそうだ・・・」とつぶやいてる人も見かけます。。。
某写真週刊誌には、ダミー会社2社と個人請求とで500万円だまし取った記事が載ってたけど、どういう基準で審査してるんだろう???

 

また、はじめは10万円未満は切り捨てで計算するとあって、例えば売上が下がった月が10万円に満たない場合、いくつかの会計事務所の記載例みたいなのを調べたら0円になってるもの、10万円未満の実際の金額を入れているものと両方ありました。
その後、10万円未満の金額は切り捨てる算定方法を5月8日から切り捨てないように変更したそうなのでキッチリ計算できるようになりましたが、当初の0円と実際の金額どちらか迷うような説明では困ります。。。

何よりも政府は「スピード感を持って」と言ってたのに、全然感じられないのは問題です。。。
#そういえば「アベノマスク」も、まだ届いていません。

 

下の写真は5月20日に撮ったものですが、観光客は全くいませんでした。

今日(5/24)の日曜日は、緊急事態宣言が解除された事もあってか少しだけ観光客が来ています。
しかし、お店はまだ閉まってるところも多いです。
昨日、近所の方とも話をしたんですが、私の店も今月いっぱいまで休んで6月1日からお店を開こうかと思っています。
でも私の店の購買層は外国人観光客(主に欧米の方)が九割くらい占めてたので、世界的に終息してくれないと困ります。
これはほとんどの既製品を売ってる店に言える事だけど、日本人は店で品物を見てネットで安く買う人が多いです。
ネットの方が価格が安くできるのは、私の業種の場合、問屋さんがネット販売しているところが多いから・・・。
現在、問屋さんはあまり商品の在庫を置かず、小売店から注文が入ったらメーカーに注文して右から左に動かすだけで利益を得ているところも多く、不良品も直接メーカーに問い合わせてくださいとか、問屋の役割を果たしてないですね。。。
それならば問屋を介さずメーカーに直接注文できれば良いんだけど、でも何故かメーカーは昔の慣習にとらわれ「問屋を通して下さい」というところがほとんどです。
でもね・・・、私の店と取引があった問屋もそうですが、右から左へ商品を動かすだけの商売をしている問屋はコロナ以前からドンドン潰れてます。

 

高山をはじめ多くの観光地は、飲食関係を除いて外国人観光客のおかげで商売ができてるお店が多いと思います。
これから暫くは、日本人観光客相手に何をどう売っていくか考えなければなりません。(一応、プランはあります。)
そのためにも持続化給付金が早く欲しいです。。。


 緊急事態宣言は解除されたけど

(投稿日:

5月14日に、岐阜県も緊急事態宣言の対象区域から外れる事ができましたが、私の店も含め多くの店がまだ閉めてるところが多いです。
理由は、「まだ不安だから・・・」。
店を再開したところは、家賃を払わなきゃならないところや、少しでも日銭を稼ぎたいところが多いようです。
まだ観光客も非常に少ないですし、私の店も もう少しは閉店したままでも大丈夫なんだけど、問題は日本国内で新型コロナウイルスがある程度収束しても、外国人観光客が来てくれないと前のような売上にはなりません。。。
私の店の購買層は9割ほどが外国人観光客なので、世界的に収束してくれないと困ります。
取りあえずは扱う商品を少し変えようかと考えてますが、今の時代、既製品だとネットで探して価格の安いところから購入するのでナカナカ難しいですね。。。

 

ところで、今年は花粉症の症状が軽い人が多いですね。
中国では新型コロナウイルスの関係で工場を停止していたためか大気汚染が大きく改善され、主要都市で「PM2.5」は94.2%減のところもあったそうです。
花粉症はPM2.5 と一緒になると重症化すると言われており、今年 症状が軽いのはPM2.5 が中国から飛んでこなかったからだと思います。
だとすると、花粉症って中国による人災ではないでしょうか!?
私も花粉症で毎年マスクをしていますが、車のスタッドレスタイヤを夏タイヤに交換する際はいつも途中で苦しくなってマスクを取ってしまいます。(タイヤを運んだり動き回るので息があがって、マスクをしたままだと苦しくなります。)
タイヤ交換は一人で行うんですが、今年はマスクをしてなくても花粉に悩まされませんでした。
正直、PM2.5 が少ないだけで、こんなに花粉症が軽くなるとは思っていませんでした。
これは中国に対して、何らかの賠償を求めても良いのではないでしょうか!
日本政府に期待してます!

 

 


写真真ん中辺りに、小さく鯉のぼりが写っています。
高山は6月5日が端午の節句です♪


 GWが終わって

(投稿日:

今年のGWは、とっても静かでした。。。
でもやっぱり、自粛中にもかかわらず高山を訪れた観光客を何組も見かけました。
我が家の前や銀行の前、駐車場に車やバイクを停めて、写真を撮ったり散策する方がいました。
車やバイクのナンバーを見ると、ほとんどが名古屋・一宮・尾張小牧・豊田などの愛知県ナンバーでした。
あと、岐阜ナンバーも・・・。
中には大音量で音楽を流していたり、排気音が大きくなるよう細工された車などもあり迷惑でした。
また、一方通行の上三之町を逆走してきた名古屋ナンバーのワンボックスカーに、私はもう少しではねられそうになりました。
行き過ぎた自粛警察が話題になっていますが、こういう自分さえ良ければ他人に迷惑を掛けても気にしない人は、自分は感染しない・自分が感染を広めるという考えができない人と通じるレベルの低い人なので、平常時でも来ないで欲しいですね。

 

特定警戒都道府県に指定されていても平気で移動する人、パチンコをやる人がいます。
社会は こういうレベルの低い人に合わせて規制を強化し、大多数のまともな人達もそれに合わせなければならない不幸な状態にあります。
例えば今年7月からスーパーのレジ袋が有料化されますが、袋をポイ捨てする人がいて海洋汚染になっている・・・。
「だから有料化して使用量を減らさなければならない!」と声高に叫ぶ人もいますが、ポイ捨てする人は10円くらいのレジ袋は 勿体ないなんて思わず捨ててしまうでしょう・・・。
結局、どこで買い物するにも袋を持ち歩かなければならない状態になり、まともな大多数の人に迷惑を掛けるだけになります。
多くの人はレジ袋にゴミを入れ、まとめてゴミの日に出しているんじゃないでしょうか。
レベルの低い人に合わせて規制するよりも、罰則を厳しくする方が良いと思います。

 

あと、休業要請に応じないパチンコ店がありますが、これは当初は協力金の対象になってないから ある程度は仕方ないかとも思いましたが、対象になってからも続けており、これはもしかしたら反社会的な勢力と繋がってるからやめられないのかと思うようになりました。
※反社と繋がってると協力金が貰えないから・・・。
風俗が規制され(これは感染の可能性が高いので仕方ない)、”あがり”を得るためには要請を無視して営業するしかないのかもしれません。。。

岐阜県も特定警戒都道府県に指定されていますが、飛騨地区では今のところ感染者は報告されていません。
しかし未だに感染者を出して自粛を強く要請されている都道府県から観光客が来ると、正直、お店を開けたくありません。。。

 

最後に、加藤厚労大臣がPCR検査への相談目安を見直し「37度5分以上」表記なくす 会見をした際、「37.5度以上の熱が4日」としていたものは「誤解」として、国民から大きな反発を受けています。
言葉は悪いけど「この人は馬鹿なの!?」と思いました。
あと、PCR検査を牛耳っている厚労省の役人の方々も含めて、新型コロナウイルスが収束したら色々見直さなきゃいけない事がありそうです。

今回の新型コロナウイルス騒動で、「頑張って良くやってくれている」と感じるのは、西村担当相と大阪の吉村知事。
与党は西村担当相のプラス効果以上に加藤厚労大臣のマイナスが大きく、また家賃問題でも与党案よりも野党案の方が良く感じます。
ただ旧民主党の方々には最近の発言を聞いていてもアレルギーがあるので、大阪維新の会に注目しています。

<桜も散り、新緑に囲まれた中橋>