飛騨高山 さんぽ道飛騨高山さんぽ道

最近の飛騨高山

 さくら満開♪

(投稿日:

高山の市街地は、今、桜が満開です♪

昨晩、嫁さんと一緒にライトアップしてある宮川沿いと江名子川沿いの桜を見て来ました。

本当は19:30~21:00まで商店街の会議があって、その後 みんなは飲みに行ったんですが、ボクは火の用心の夜回りがあったし 天気が崩れるとの事だったので、「夜桜を撮るのは今夜しかない」と思って飲みに行くのを遠慮しました。。。

宮川沿いの方は、結構たくさんの人が見に来てました。
あとで聞いた話だと、中橋のうえは見物の車で渋滞してたそうです。

江名子川の方は 弥生橋付近は少し人がいましたが、少し上流になると誰もいませんでした。。。(^^ゞ

240425sakura.jpg

写真は宮川沿いの様子です。
ここには1本だけ早咲きの桜があるんですが、今年は他の桜と一緒に咲いたようです。

現在、小雨が降っているので昨晩撮ってきて正解でした。
ただ、万人橋(緑地公園)の桜を撮れなかったのが心残りです。。。


 氷菓

(投稿日:

240421hikou.jpg

氷菓(ひょうか)と言っても、夏に食べるアイスキャンディーや かき氷とは違います。。。
米澤穂信(高山市新宮町出身)さんの推理小説、古典部シリーズの題名です。

実はコレがTVアニメ化されるんですが、その美術設定が米澤穂信さんの母校である斐太高校がベースになっているようで、早くも聖地巡礼で訪れている人もいるようです。

ボクは3月に、今年度の育友会役員を決める際に学校へ行った時に初めて聞きました。

制作会社の京都アニメーションのHPを見ると、確かに学校や通学路など良く似ていますね。。。
商店街も市内の某場所にソックリです。

京都アニメーション http://www.kyotoanimation.co.jp/kotenbu/
氷菓オフィシャルサイト http://www.kotenbu.com/

先日、息子に聞くと「学校でもその話題で盛り上がってる」と言ってました。

1996年に放映されたTVドラマ「白線流し」では、白線流し自体は斐太高校の行事だけど 物語の舞台が長野県松本市になっていたので少々残念でしたが、今回は見たことのある風景が出てくる点も楽しみですね。。。


 福寿草~恵比須の湯

(投稿日:

昨日、お店が休みだったので丹生川の恵比須の湯へ行ってきました。

240411fukujusou.jpg

途中、正宗寺へ寄って福寿草を撮ってみました♪
ボクが知っている福寿草の群生地は、他に清見町、朝日町がありますが、ココが一番近いですね。。。

場所はコチラです。


大きな地図で見る

 

 

その後、恵比須の湯へ行ったんですが、この時期は地元の皆さんは農作業の準備に追われているので、お風呂は空いてます。
冬の間は、農作業が無いので13時の開店とともに混んでいます。
またもう少し経つと、仕事の段取りが終わった人からお風呂に来るので、冬ほどではないけど混んできます。

多分、今の時期が皆さん忙しいので空いてますね。

240411ebisu1.jpg  
240411ebisu2.jpg

で、昨日は途中からボク一人になったので、スマホで少し写真を撮ってみました。

湯船の縁から洗い場の方までデコボコになっていますが、これは温泉の成分が濃いため自然に固まってしまったためです。

外風呂(屋根や囲いはあるので、本当の外ではありません)には、奥に源泉の湯(約26度なので、水風呂に近いです)があります。
写真手前にある外湯は、内湯よりも温度がぬるめになっているので長く入っていられます。

ここの温泉は、1kmほど上流の地下1,150mから毎分350L湧出しており、加温して掛け流しになっています。

泉質は「含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素温泉(中性低張性低温泉)」となっており、泉質別適応症は「きりきず、やけど、慢性皮膚病、動脈硬化症、高血圧症」と表示してありました。

写真を見てもわかるように、お湯は茶色くなってます。
源泉の湯は、ほぼ透明ですので入っていると体に気泡が付いてくるのがわかります。

ここの温泉は、かなり奥地に入っていかなければならないので、お客さんはほぼ地元の人ばかりです。
料金は500円で、駐車場もあります。

ただ施設自体もあまり大きくないし地元の人の憩いの場になっているので、興味があっても本当に温泉好きの人だけ行って欲しい場所ですね。。。